チュートリアル:デスクトップアプリ作成

プログラム言語は使えると便利なので、機会があれば触ってみるようにしています。
闇雲に手を出しても身につかないんですが、基本は一通り知っておきたいという欲がありまして。

今回ご縁あって、
『作って楽しむプログラミング Visual C# 2019超入門』をご恵投いただきました。
これをチャンスと、初言語『C#』を学んでいます。

『はじめてのデスクトップアプリ作成』
とあったので、
「もしやWindows10ユーザーでないと使いこなせないのでは」
と思い(自分環境はWindows8)、ひやひやしましたが、
p.34の『ヒント』などでWin7/8にも言及あって、なんとかなりました。

とかくのユーザーはもうWindows10だと思います。
書籍のキャプチャもWindows10です。
『デスクトップアプリ』という仕組みがそもそも『10』。
(8もそこそこアプリだけど、まだソフトって呼び名がしっくりくる機能がメイン)

なので、事前準備その1。
PCはWindows10を用意する

事前準備その2。
これを学ぶことで何ができるか考える

プログラムを書くということは、命令を書くということ。
「何に」「何を」命令するのか、を見失うと迷走してしまうので、

  1. 何を実現したいのか決める
  2. 実現のために積み上げていく実行はいくつ必要か
  3. 何に実行させたら実現するか絞り込み
  4. 絞り込んだ候補に実行命令を書く
  5. 実現
と、こんな感じの道筋を決めておくとよいかも。

 

今回の本では、「3」と「4」を詳細に進めていって、実現に導く感じです。

3.何に→Visual C# 2019
4.Visual C# 2019に実行させる命令の書き方

きちんと書くと、きちんち終わります。

事前準備その3。
『1日30分でOK』の謳い文句を鵜呑みにしない

いきなりの否定ですが、『1日1章30分』と設定してしまうと、オーバーします。
実際に手を動かしてみて、30分で書き終われなかったので。
対策としては、タイピングを鍛えるというよりは、言語に沿った書き方を覚える(暗記する)系です。
本文読むだけだったら30分で大丈夫で、むしろ余るのですが、それを実行するのには30分を超えました。
(自分基準では、1日1章を30分で読んで身につける、そのペースが維持できるのは入門編に相当する第2章まで)

後の章は、できること(実践して書いてみるプログラム)がだんだん増えていくため、
2分割、3分割していかないと、30分では収まらず。
分割するタイミングは人それぞれ、自分でキリがよいと思ったところ、30分経ったから強制終了、など、お好みで。
丹念に進めても罰は当たらないので、焦らず進めていければ。

さて事前準備もできたので、実際に本とPCを使って、サンプルアプリを完成させていきます。

『楽しむ』とタイトルにある通り、するするでき上がっていきますし、
「動いてるー(わーい)!」
って喜びが、こまめにやってくるので、かなりはかどります。
書いてある通り、言われた通りに書いて、<b>ちゃんと動く</b>のは、実は大変なサポート力が必要。

理解している人ほど、小さな工程を飛ばしていたり(技術系ブログなどに散見)するために、
言語のことをよく知らない、わからない、というポジションの人間が読んだときに、
「なんかうまくいかないな」
「テキスト(見本)どおりの画面が出てないけど、なんかミスったかな?」(実は工程の説明が端折られているだけ)
という悩みに直面します。

そうした小さなつまずきは地味にストレスなんですが、この本はその点ストレスフリーでした(やったー!)。

しかし、するするでき上がりすぎて、引っかからない(つまずかない)のが、
記憶に残りにくいかも。
『苦労した末に完成する』のって、すがすがしい思い出とともに、困難を解決する力がある、って自信付けになるので、
ちょっとてこずる(10分くらい解決に向けた模索をした上で、うまくいく)くらいが、定着には役立つのかも。

とはいえ、つまずき知らずの万能感も、後々の『楽しむ』に大いに貢献するのは確かなことで。

自信は万能感でカバーして、うまくいった思い出だけが残れば、
今後のプログラミングを続けていくモチベーションになります。

そして一つの言語の仕組みがわかると、他への応用ができるので、
今回、ひたすら言いなりで作ってみた中で、
おぼろげながら、これはこういうことかな、あれと同じかな、など、考えながら進めていけました。

同時に、目の前の達成感に溺れることなく、実現したいことを、どうやったら実現できるかを念頭に置くことにも気付けたので、
私にとっては、とても優れた教本でした。

 

JUGEMテーマ:コンピュータ


改訂新版JavaScript本格入門

JUGEMテーマ:コンピュータ

WINGSプロジェクトの書籍レビュアーに応募し、ご恵投から早1ヶ月。
2016年9月30日新刊、6年ぶりの全面改訂となる
『改訂新版JavaScript本格入門』(山田祥寛・著/技術評論社)
を通読しました。

私のレベルは『”なんとなく書ける”』どころか、
”なんとなく読める”です。
記法の基礎などは一通り習ったものの、実践には至らず、ブランクがあります。
なまじ習ったせいで、記述内容はたどって読めば理解できるというトロさ。

しかし、おかげで成長記録というか人体実験ができます。
『手軽さゆえに油断しがちな正しい文法から、
進化を遂げた新記法、オブジェクト指向構文、
実際の開発に欠かせない知識まで身につけられます。』
という、帯にも、タイトル下にも記載されているコピーどおりになれるのかどうか。

本当は読み進めながら、ソースをいちいち手で写す(タイピングしてみる)ことが、
確実な刷り込みになるはずですが、自分はそこまでたどり着けませんでした。

ただ、通読したことで、かなり初期の段階でつまずいていることが判り、
もう一度、'Hello world!'からじっくり取り組んだほうが身のためだと思いました。
ブランクがあるんだから、再開するにあたっては、挨拶から始めるのが自然です、多分。

この本で『ECMAScript2015』(新規格)までカバーできるので、
ここまでの知識を求められるような部署に配属されたら、
自信を持って仕事に取り組めるのではないかと夢想しております。

以上のような使い心地から、
「JSって言われてもどうしよう……」
「検索かけて出てきたソースを継ぎ足してなんとかするしか……」
などの不安を払拭する1冊となっています。

 

一家に一冊。ぜひ。


今週のYJ「ノノノノ」に溜飲下がる

ああ一安心。
ノノの当座の危機は回避されたので、
これでやっと枕を高くして眠れますよ。
助けに入ったのは、
先週冒頭の暗黒面はどこへやら、
まさかの岸谷!
まだ真の安堵には遠く、引っ張る展開が続いていますが、
当方の胃は救われました。

本日はもっと大きなニュース(下記一例)がありますが、
それは私が書かなくても他で盛り上がるテーマと思われ。

今日から新内閣がスタート
麻生さんの声が懐かしいなあ。
毎日のように聞いていたのが一転、
今、ぱたっと聞けなくなって寂しい限り。

「クレしん」作者が行方不明
アニメもコミックスも掲載誌も未見の私でもびっくりした。

9/10発売号「ノノノノ」にショック・他1

昨日はテロのショックに近い鬱展開立て続けに二本見ちゃってゲッソリ。
ヤングチャンピオンヤングジャンプで。
ヤングチャンピオンは火曜発売だが読めたのが昨日だったので、
ダブルになった。
読んだ順に語りますよ。
ヤングチャンピオンは数号読み逃しているようで、
いつの間にか始まっていた「くの一」ネタの集中連載三話目ってのに
出くわし…ウツ1打目(泣)。
主人公のくの一がのっけから襲われてました。
ラスト反撃に出てますが、「戦闘美少女icon」の系譜キャラなんでしょうかね。
別にこれで男が初めてってキャラでもなさそうだったが
(くの一の仕事で枕アリ)、
こういうマンガを描いている人がどうやら女性らしい
(少なくともペンネームが女性名っぽい)のが一番ウツ打。
二打目のYJは「ノノノノicon」!
スポーツ系だからウツ展開ないと思ってたのにキター!
「かわいい絵(萌え絵)でキチク」ってのは
この作者「エルフェンリートicon」でもやってたけど、
SF設定で起こるのと、現実味がより強いスポ根もので起こるのでは
ショック度が違う。
このあまりな展開に、同じショックを感じている人を探して、
わざわざ検索しちゃったよ。
岸谷が助けるんじゃないか…という意見があったが、
ワシなんか、もし岸谷が助けられるとしても、
このコーチにノノがいいようにされているのを見て、
もっと憎むんじゃないかと思ったよ。
岸谷もコーチも「ノノが女である」ことを知っている点で
同じ(立場同等)だが、「ノノをいたぶっている」のが
コーチであって岸谷ではない状況にあっては、
「同じ知ってるのにオレじゃなくてライバル校のコーチかよ!」
と逆ギレ路線のまま怒り狂って、助けにも入らず、
ノノがひどい目に遭うのを見ているか、
もしくは更に追い打ちをかける
(コーチによって心神喪失するほどのショックを受けてしまい、
いまさら岸谷が何をしようとノノには届かない、
という状況だったとしても)、
というパターンもあり得そうなウツ展開!
主人公が純潔を守れないとバッドエンドだって六道慧も書いてましたよ!
(ex.「アラバスターicon」文庫版解説にて)
ノノには無事でいてほしい…。
あの引っ張り方は吐きそうになった。
ワシの胃のためにも頼む(爆)。

メトロポリス(実写無声版)原作本

古典映画になってしまいましたが、不滅の金字塔。
ということで「メトロポリスicon」を。
映画は絶版てあんまりだわっ。
10年位前に6,000円以上するVHS購入して、1回だけ観ましたが。
1回でおなかいっぱい。>音楽がジャマっけでなあ…。
音声OFFで観ようかと思っているうちに家屋内で行方不明。
しかし2005年に小説版が復刊していたとは知らずに過ごしていたが、
今年に入って「わらの女icon」の検索をきっかけに知ったので同時購入。
映画より色々情報が細かく丁寧な書き込み。
主人公だけでなく、周りの人々の事情も開示されることで、
より深い理解と共感がうながされます。
ロボット「マリア」の描写も、小説ならではの美しさです。

iconicon
メトロポリスicon

| 1/5PAGES | >>