花王の「エコナ」に発がん性の疑い

びっくりしたじゃあ ありませんか〜(鳩山新首相調で)

以下、新聞記事引用
花王 「エコナ」商品を出荷停止
発がん性変化の可能性で
9月16日20時49分配信 毎日新聞

花王は16日、特定保健用食品「エコナ」シリーズの関連全商品について、
17日から出荷・販売を停止すると発表した。
商品に含まれる「グリシドール脂肪酸エステル」という
物質が発がん性物質に変化する可能性があるため。
出荷・販売が停止されるのは食用油「エコナクッキングオイル」や
同シリーズのマヨネーズ、ドレッシングオイルなど全59商品。

「グリシドール脂肪酸エステル」は
発がん性のある「グリシドール」に分解される危険性が欧州で指摘され、
日本でも食品安全委員会が調査中。
花王は「危険性の有無は判明していないが、消費者の意識も考慮し、
販売を自粛する」と説明している。

花王によると、6月中旬にエコナクッキングオイルを自主検査したところ、
「グリシドール脂肪酸エステル」などが通常の食用油の最大18倍
含まれていることが分かった。
製造時の脱臭工程で副次的に生成されたのが原因という。

欧州調査キター!
しかしこの「グリシドール脂肪酸エステル」って、
商品の成分表には記載されていないのですね。
「グリセリンエステル」は書いてあるけど。
別名は「グリセリン脂肪酸エステル」。
…もしかして、「グリセリン脂肪酸エステル」が
『発がん性のある「グリシドール」に分解される』のでは?

明日、花王の消費者相談室に電話してみよう…。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック