9/10発売号「ノノノノ」にショック・他1

昨日はテロのショックに近い鬱展開立て続けに二本見ちゃってゲッソリ。
ヤングチャンピオンヤングジャンプで。
ヤングチャンピオンは火曜発売だが読めたのが昨日だったので、
ダブルになった。
読んだ順に語りますよ。
ヤングチャンピオンは数号読み逃しているようで、
いつの間にか始まっていた「くの一」ネタの集中連載三話目ってのに
出くわし…ウツ1打目(泣)。
主人公のくの一がのっけから襲われてました。
ラスト反撃に出てますが、「戦闘美少女icon」の系譜キャラなんでしょうかね。
別にこれで男が初めてってキャラでもなさそうだったが
(くの一の仕事で枕アリ)、
こういうマンガを描いている人がどうやら女性らしい
(少なくともペンネームが女性名っぽい)のが一番ウツ打。
二打目のYJは「ノノノノicon」!
スポーツ系だからウツ展開ないと思ってたのにキター!
「かわいい絵(萌え絵)でキチク」ってのは
この作者「エルフェンリートicon」でもやってたけど、
SF設定で起こるのと、現実味がより強いスポ根もので起こるのでは
ショック度が違う。
このあまりな展開に、同じショックを感じている人を探して、
わざわざ検索しちゃったよ。
岸谷が助けるんじゃないか…という意見があったが、
ワシなんか、もし岸谷が助けられるとしても、
このコーチにノノがいいようにされているのを見て、
もっと憎むんじゃないかと思ったよ。
岸谷もコーチも「ノノが女である」ことを知っている点で
同じ(立場同等)だが、「ノノをいたぶっている」のが
コーチであって岸谷ではない状況にあっては、
「同じ知ってるのにオレじゃなくてライバル校のコーチかよ!」
と逆ギレ路線のまま怒り狂って、助けにも入らず、
ノノがひどい目に遭うのを見ているか、
もしくは更に追い打ちをかける
(コーチによって心神喪失するほどのショックを受けてしまい、
いまさら岸谷が何をしようとノノには届かない、
という状況だったとしても)、
というパターンもあり得そうなウツ展開!
主人公が純潔を守れないとバッドエンドだって六道慧も書いてましたよ!
(ex.「アラバスターicon」文庫版解説にて)
ノノには無事でいてほしい…。
あの引っ張り方は吐きそうになった。
ワシの胃のためにも頼む(爆)。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック