「クレしん」作者、捜索続く

すっかり「酒井法子被告」の保釈会見で
押し流されてしまったかのような表題の件。

怪我してるとか、電波の届かないところにいるとか、
そういう理由で連絡が取れないだけで、命に別状なしであって欲しい。

こういう一般ニュースになって初めて関心を持った人であるからこそ、
無事のお帰りを願う次第。

山で遭難、といえばYJ連載中の「孤高の人icon」、
9/16発売号で、「ノノノノ」と同じ話数(89話)で展開は真逆の静けさ。

原案の新田次郎作「孤高の人icon」は言わずもがなの山岳小説です。
 

コメント
昨夜から「作者の登った山で男性遺体発見」と、
未確認のまま報道されまくってましたね。
「クレしん」アニメ映画の放映もあって、
実写映画の動員数UPが目的だろうとは思うんですが、
なんだか、気の早い追悼企画みたいでイヤだったな…。
報道内容は膠着状態で、
今日は「男性の遺体『収容』」に変わっただけで、
まだ未確認のままだし。
「荒船山」と「八ツ場ダム」、
群馬県は今いちばん報道カメラが写してる国内地域かも。
>クレしん作者失踪
中国が拉致したのではないかだの、某宗教団体が
絡んでいるのではないかだの、イロイロと怪情報が
乱れ飛んだ挙句、遭難という現実的にありそうで
生存率が厳しそうな情報が伝わってきましたねぇ。
どうなってしまうのやら。無事であって欲しいけども
平地でもここ数日、夜はゾッとするほど気温が落ち
ますし、うーむ。

>孤高の人
一時期は打ち切られるんじゃねぇかとヒヤヒヤ
したけども、なんとか(??)新章突入みたい
ですな。後輩に懐かれてる森くんが、相変わらずの
コミュニケーションぶっちぎりっぷりの孤高の人で
一安心やら、いやぁ、相変わらずの奇人変人ぶり
だなぁと感動が。 ……とか思ってたら、仕事にも
前向きな言動が出てますねぇ。社会人的にもちょっと
成長したようですな。まぁ、富士山頂に引きこもり
生活という、半分仙人みたいな暮らしぶりだから、
達観してきただけなのかもしれないがw
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック