改訂新版JavaScript本格入門

JUGEMテーマ:コンピュータ

WINGSプロジェクトの書籍レビュアーに応募し、ご恵投から早1ヶ月。
2016年9月30日新刊、6年ぶりの全面改訂となる
『改訂新版JavaScript本格入門』(山田祥寛・著/技術評論社)
を通読しました。

私のレベルは『”なんとなく書ける”』どころか、
”なんとなく読める”です。
記法の基礎などは一通り習ったものの、実践には至らず、ブランクがあります。
なまじ習ったせいで、記述内容はたどって読めば理解できるというトロさ。

しかし、おかげで成長記録というか人体実験ができます。
『手軽さゆえに油断しがちな正しい文法から、
進化を遂げた新記法、オブジェクト指向構文、
実際の開発に欠かせない知識まで身につけられます。』
という、帯にも、タイトル下にも記載されているコピーどおりになれるのかどうか。

本当は読み進めながら、ソースをいちいち手で写す(タイピングしてみる)ことが、
確実な刷り込みになるはずですが、自分はそこまでたどり着けませんでした。

ただ、通読したことで、かなり初期の段階でつまずいていることが判り、
もう一度、'Hello world!'からじっくり取り組んだほうが身のためだと思いました。
ブランクがあるんだから、再開するにあたっては、挨拶から始めるのが自然です、多分。

この本で『ECMAScript2015』(新規格)までカバーできるので、
ここまでの知識を求められるような部署に配属されたら、
自信を持って仕事に取り組めるのではないかと夢想しております。

以上のような使い心地から、
「JSって言われてもどうしよう……」
「検索かけて出てきたソースを継ぎ足してなんとかするしか……」
などの不安を払拭する1冊となっています。

 

一家に一冊。ぜひ。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック